▼ FX で大損をしたという話を耳にした

FX で大損をしたという話を耳にすることがありますが実際にどれくらいを損をするのかというと FX の損失は通常を証拠金の範囲内で収まります。

世界的な大恐慌ですとか大戦争等の資本主義が崩壊してしまうような事態が発生すれば話は別ですが、通常 FX 口座に預けたお金というものはその損失がマイナスになる前に FX 業者によって強制的に記載がされてしまいますので最悪でもゼロになるということがほとんどなのです。

ということは FX で大損をしてしまったというケースというのは実際には預けていたお金がなくなってしまったというだけなのです。このようなリスクというものは FX に限らず通常等しても十分起こりうる話です。つまり FX で大損をしてしまったというのは余剰資金が溶けてしまったというだけの話であってそれで生活ができなくなるですとか生きていけなくなるというのはおかしな話なわけです。

仮に FX によって人生が狂ってしまう程の損失を受けるということはそれはそもそも FX に投じる金額を余剰資金ではなく生活資金を充ててしまう等の戦略的なミスによるものです。これはいうなれば生活費を遊ぶにつぎ込んでしまうのと同じようなことになってしまうわけです。

投資というものはすべてリスクはつきものですからそのお金がなくなってしまっても問題ないという範囲で行うべきなのです。ですから FX で大損をする可能性は誰にでもありますがリターンが大きい分リスクは大きいのは当然のことですからそのようなことを見越した上で投資スタイルを決めていく必要があるのではないでしょうか。

▼ FXで大損の最新記事